記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

スパイダーマン:ブランニューデイ 1

 

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)

スパイダーマン:ブランニュー・デイ 1 (ShoPro Books)

 

 持っていたけど、受験が終わるまで我慢していたこの本、やっと読めました。値段相応でなかなか読み応えがありました。

 

ブランニューデイは、「ワンモアデイ」で一部の設定がリセットされ、再スタートしたスパイダーマンの新シリーズです。

(※ワンモアデイ:あらすじを大幅に端折ると、主人公のピーターが叔母のメイの命を救うために悪魔と契約し、これまでの設定が大幅にリセットされた)

ただ、正式なリランチというわけでもなく?、「the Amazing Spider-Man」という題名はそのままです。

 

新しくスパイダーマンを読み始めるなら、この一冊からがちょうどいいと思います。僕は、「シビル・ウォー」→「ワンモアデイ」→「ブランニューデイ」の順で読みましたが、正直ついていけなかったので(笑)

(※シビル・ウォー:あらすじを大幅に端折ると、超人登録法を巡って全米のヒーローが賛成派と反対派に分かれて争い、この闘いに巻き込まれたメイ伯母さんが意識不明になる→「ワンモアデイ」へ続く)

 

この1巻は 、新ヒーローのジャックポットや、新ヴィランのミスターネガティブなどの登場がメインで、本当に新章の導入の導入って感じです。

見所は、主人公ピーターのとんでもない金欠ぶりですかね(笑)

新しいスパイダーウェブの材料も買えないため、中盤以降の闘いは常に苦戦してます。

 

以上、暇だから書いてみた紹介と感想でした。

正直、相当の新参にわかなので、あらすじに間違いがあったらごめんなさい。

2巻読んできます。