記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

映画『メッセージ』(英題 "Arrival")

久しぶりに、もう一度観たいと思った映画だった。

 

あらすじ↓

世界各地に突然現れた宇宙船(?)。言語学の第一人者である主人公は、軍に召集され、宇宙人(?)との対話という任務を与えられる…

 

びっくりするくらい粗いあらすじ書いちゃった。

 

少なくとも、ただのSF映画ではなかった。言語と認識の話だった。

 

大きなテーマとなっているのは、「サピア=ウォーフ仮説」。

扱う言語によって物の見方、認識も変わるという仮説だ。

作中で主人公は宇宙人との対話を通じて彼ら(?)の言語を習得していく。

ネタバレなので詳しくは言えないが、主人公はその言語の習得によって、彼らの世界の見方、考え方を身につけていく。

 

宇宙人と同じ視点から世界を、宇宙を見ることができるようになった主人公が最後にどのような決断をするのか…そこがこの映画の見所だと感じた。

 

話自体はのっぺりぬるぬる進むので眠くなると思いきや、緊張感漂う不気味なBGMが全くそうさせない。

ずーーーっと、「なんか起こりそう…」みたいな感じ。

 

まだ一回しか観てないので、この映画のメッセージ性みたいなものは掴みきれていない。

 

とにかく、テーマ、構成、BGMと完成度がすごいのでみんなみてくれ。

そして感想を教えてくれ。

 

ここで呼びかけても意味ないなこれ。