記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

『ヨーロッパ思想入門』岩波ジュニア新書

 

ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)

ヨーロッパ思想入門 (岩波ジュニア新書)

 

 

哲学とか思想の勉強をほとんどしたことがない。

なんかもうソクラテスとかですらよく知らない。

さすがにまずいと思ったので、大正義岩波ジュニア新書からとりあえず読んでみた。

 

この本では、西洋思想の源流がギリシャ哲学とヘブライ信仰にあるとし、それら2つとそこから発展した代表的な思想についてかなり平易な文章で説明されています。

 

とにかく買ってよかった。

特に、序盤で西洋思想の源流や本質について筆者なりの解釈が書かれているあたりとか、toconoma聴きながら読むとペルソナの戦闘と大体一緒。クソ熱い。

 


toconoma"relive" MV

 

ギリシャ哲学から、ユダヤ教キリスト教の基本的な思想を挟みつつ、デカルトやカント、ハイデガーレヴィナスまで本当に代表的な思想だけを取り上げています。

まあ哲学全然知らないから何が代表的かもよく知らないんだけどね。

 

みんなもtoconoma聴きながら哲学に耽ろう。

 

次はもうちょっとグレードアップして講談社学術文庫(つよそう)の『西洋哲学史』を読みます。

 

西洋哲学史 (講談社学術文庫)

西洋哲学史 (講談社学術文庫)