記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

細見和之『フランクフルト学派』中公新書

 

 

・読んだきっかけ
 ハーバーマス入門のために

 

・目次

 はじめに
 第一章 社会研究所の創設と初期ホルクハイマーの思想
 第二章 「批判理論」の成立―初期のフロムとホルクハイマー
 第三章 亡命のなかで紡がれた思想―ベンヤミン
 第四章 『啓蒙の弁証法』の世界―ホルクハイマーとアドルノ
 第五章 「アウシュヴィッツのあとで詩を書くことは野蛮である」―アドルノと戦後ドイツ
 第六章 「批判理論」の新たな展開―ハーバーマス
 第七章 未知のフランクフルト学派をもとめて
 おわりに
 フランクフルト学派関連年表

 

・あらすじ 

「ホルクハイマー、アドルノベンヤミン、フロム、マルクーゼ…。1923年に設立された社会研究所に結集した一群の思想家たちを「フランクフルト学派」とよぶ。彼らは反ユダヤ主義と対決し、マルクスフロイトの思想を統合して独自の「批判理論」を構築した。その始まりからナチ台頭後のアメリカ亡命期、戦後ドイツにおける活躍を描き、第二世代ハーバーマスによる新たな展開、さらに多様な歯想像の未来まで展望する。」

 

・感想

ハーバーマス入門のために買ったけど、読んでみたらフロムとベンヤミンが1番アツかった。

予備知識全然無かったけど、文体のおかげかとても読みやすい。

人物毎に代表的な著書やその中でも読みやすいものが簡潔に紹介されている親切設計。

 

詳しい人にとっては当たり前のことなのかもしれないけど、マルクスのマクロな視点にフロイトのミクロな視点を掛け合わせる手法は、「発明だな」と思った。

イデアは何かの組み合わせって言うけど、こういうことなんですね。


哲学・思想中心の学派ではあるが、「社会哲学」を志向した性質上、極めて社会学に似た雰囲気を持っているように感じた。

アウシュヴィッツのあとで詩を書くことは野蛮である」に現れているような、自己を被害者/加害者両方に捉える批判理論的手法は、特に社会学っぽくて面白い。

 

卒論でハーバーマスをとりあげるので、その面でも第六章はとても参考になった。

『公共性の構造転換』読まなきゃ………