記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

戸谷洋志『Jポップで考える哲学』講談社文庫

 

Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲 (講談社文庫)

Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲 (講談社文庫)

 

 

読んだきっかけ

教育実習に向けて、抽象的な事柄を噛み砕いて説明する手がかりを探してる最中、本屋で見つけて衝動買い

 

あらすじ

Jポップは、しばしば「自分」や「愛」「人生」をテーマとし、その歌詞は、シンプルであるがゆえに我々の胸に響く。一方、複雑な事象の本質を突き止め、露わにして見せようとするのが哲学ならば、両者は、密かに同じ企みを担っているとは言えまいか。Jポップの名曲を題材に誘う、今旬の哲学入門!

 

目次

第1章 自分

「自分らしさ」とは何か?-Mr.Children「名もなき詩

「自分ではないもの」から見える「自分」-ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」

他者によって知られる「自分」-乃木坂46「君の名は希望

第2章 恋愛

私と他者の共同性ーAI「Story」

失われた共同性ー西野カナ「会いたくて会いたくて」

他者の他者性と向き合うことー宇多田ヒカル誰かの願いが叶うころ

第3章 時間

過去を記憶することーBUMP OF CHICKEN「天体観測」

未来を待つことーaiko「キラキラ」

この瞬間を生きることー東京事変「閃光少女」

第4章 死

絶望による死との直面ーRADWIMPS「おしゃかしゃま

死が照らし出す大切なものー浜崎あゆみ「Dearest」

他者の死を引き受けることーONE OK ROCK「A new one for all,All for the new one」

第5章 人生

日常生活の息苦しさと人生の不確かさー嵐「Believe」

自分の人生を決断することーSEKAI NO OWARI「RPG」

孤独に生きることへの祝福ーいきものがかり「YELL」)

 

感想

ただただ良い本だった。

 

JKとその先生が会話しながらJ-POPの歌詞を哲学的なテーマに沿って掘り下げていく本。

 

誰でも知ってるJ-POPを入り口にしているので取っつきやすいが、章の後半はかなり入り組んだ話をしてたりする。

でも、そういう箇所は作中でJKが疑問として先生にぶつけて、それに対して先生がJ-POPから少し離れた、例え話とかで説明してくれるので何とか理解できる。

逆に、JKが謎の理解力を発揮して噛み砕いて説明してくれたりもする。

 

個人的に恋愛の章は考えさせられた。

著者にとっての「理想の恋愛」みたいなのも感じられて面白い。

穿った見方かもしれないけど、女性が書いたらまた違う切り口になってるかもしれないな、とも思ったりした。

 

ブーバーについては全く知らなかったので興味を持った。社会学で言うとコミュニケーション論っぽい。

本書で取り上げられている『我と汝』はすごく難解らしい。

今度図書館でパラパラしてみようかな。