記録s

見たり聴いたり読んだり考えたりしたこと

ウェーバー → シュッツ → バーガー

この記事は知識の整理を目的としたノートです。

たぶん分かりにくいです。

 

◯はじめに

 最も代表的な社会学者の1人であるドイツの社会学者M.ウェーバーは、後に方法論的個人主義と呼ばれる考え方に基づき、理解社会学という立場を主張します。

 ウェーバーはどのようにしてこの立場にたどり着き、また彼の社会学理論はどのような形で後世に受け継がれ、発展していったのか。

 ウェーバー社会学的立場を紹介するとともに、それを受け継いだ社会学者たちの中からA.シュッツとP.L.バーガーを取り上げ、彼らの立場・理論をウェーバーのものとの関連性を踏まえて整理します。


◯M.ウェーバーの理解社会学

 M.ウェーバー(1864-1920)はドイツの社会学者であり、最も代表的かつ著名な社会学者の一人です。

 

 彼は大学で教鞭を振るう傍らで重い神経症に悩まされました。その結果、彼は研究生活から一時離れることとなってしまいましたが、このころから以前までの歴史学的な研究から、「文化科学としての社会科学の認識論的・方法論的な問題」(那須, 1997: 108)への研究に移っていきました。

 

 そうした中で書き上げられたのが彼の論文で最も著名とされる『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の”精神”』です。

 ウェーバーは自らの学問的立場を自己省察するとともに、自らが生きてきた西洋近代社会にも問題関心を向けました。彼はこの論文で、西洋における近代資本主義はプロテスタントの世俗内禁欲による合理的な職業労働が生み出した「意図せざる結果」であると論じました。

 

 ここで取り上げたいのは、この研究が歴史や社会現象の動因としての「理念」の重要性を強調した点です。

 ウェーバーは同時期に「理念型」という方法論を編み出しています。これは、

「無限に多様な経験的所与のなかから、一定部分を(~)価値関係的に選択し、それ自体無矛盾的な論理的なコスモスとして構成」(新社会学辞典より)

した概念です。

 これだけだと何が何だか全然分からなくてウケますね。

 つまり、学者の経験と信じる価値に従って、現象や理念を「理念型」として再構成するということなんだと思います。

 

 『プロ倫』ではプロテスタンティズムの倫理という理念を説明するために「価値合理的行為」という理念型が用いられました。これは「行為そのものの価値への信仰によってなされる行為」という意味であり、プロテスタンティズムの倫理をウェーバーなりに再構成した形です。

 

 そして、この「理念型」こそがウェーバー社会学的立場、「理解社会学」のキーワードとなります。

    理解社会学とは、

「集合的カテゴリーを当事者たちの《理解可能な行為》へと還元することによって説明していこうとする」(那須, 1997: 113)

社会学的立場のことです。

 ウェーバーは理念型によって人々の社会的行為を理解しようとしました。これこそが「理解社会学」の第一歩となっています。

 彼は社会現象を人々の社会的行為の集合と捉え、それらの行為の意味・原因を理念型という行為のモデルによって理解することで、その総体である社会現象のメカニズムを解明しようとしました。


◯A.シュッツの現象学的社会学

    上記で述べたウェーバーの立場を批判的に受け継ぎ、発展させたのがA.シュッツ(1899~1959)です。

 

 彼はフッサール現象学ウェーバーの理解社会学に応用する形で「現象学的社会学」という立場の祖となりました。

 

    現象学とはオーストリアの哲学者であるE.フッサール(1859~1938)の示した哲学的立場であり、

「現象とは体験されるもので、体験とは意識であり、意識とは何ものかへの志向性であると考え、これを記述することは、言語の能力ではなく、言語を介して、思惟することだと考える」(今道, 1987: 339)

というものです。

「事象そのものへ」というフッサール自身の掲げた目標にもあるように、記号や言語によってではなく、概念として論理的次元で事物を捉えようとする考え方です。

 フッサールはこの考え方に基づいて「理念化」という概念を編み出しました。これは、人々が過去の体験における事象を、それが反証されない限り未来においても継続または反復するという考え方です。

 

    シュッツは、ウェーバーの理解社会学が行為の「意味」を解明しようとしたことに着目して高く評価するとともに、その「意味」や「行為」をどのように理解すればいいのかという問いに答えきれていないと批判しました。

 そしてその問いへ答えるために現象学的アプローチを用いました。シュッツは上述の「理念化」の概念を用い、人々が日常的世界を自明なものとして捉えているとし、その自明性が「理念化」に基づく世界への「判断停止」に由来するとして、その自明性を帯びた日常的世界を再考するべきだとしました。

 

 例えば、我々は目の前の机の存在をわざわざ疑ったりはしません。それは我々が、その机が以前からそこに存在しており、これからも存在し続けるだろうという「理念化」を行ない、「目の前に机がある」という事象を自明なものとしているからです。

 シュッツの現象学的社会学は、このような

「当たり前として前提されているような事柄の仕組みに取り組む」(山本, 2010: 198=199)

社会学的立場といえます。


◯P.L.バーガーの社会構築主義

    最後に、ウェーバーの理解社会学の一応の着地点としてアメリカの社会学者P.L.バーガー(1929~2017)の理論を紹介します。

 

 彼は理解社会学現象学的社会学に基づいて「社会的現実は意識の一形態である」と主張しました。

 彼はこの主張に基づいてシュッツの現象学的社会学を発展させる形で「社会構築主義」という立場を確立しました。

 私たちは、

「社会的行為を通じてお互いに前提としている現実認識を確かめ合い、それをいわゆる常識として理解するようになる(~)この常識化された認識に基づいた人々の振る舞いは、紛れもない客観的現実として現れ、人々が共有する現実認識を強化していくのである。」(大河原, 2010: 202=203)

 このように、「社会構築主義」とは社会を社会的行為を通じた常識化の結果として捉える考え方のことであり、社会的行為の理解を通じて社会を捉えようとしたウェーバーの立場を発展させたものであることが分かります。


◯まとめ

    以上に述べたように、ウェーバーの理解社会学という立場は、彼の社会科学の方法論的な研究と西洋近代社会への問題関心のなかから確立され、シュッツが現象学的アプローチを取り入れることで発展し、バーガーによる社会構築主義となって社会の捉え方の一つとして実を結びました。

 このように、社会を個人の行為の総体として捉える方法を方法論的個人主義と言い、これは現在の社会学の大きな流れの一つとなっています。

 言わずもがな、この流れの祖となったウェーバーの功績は、計り知れないですね。

 

意外と書いてて楽しかった。

以上です。


◯参考文献